読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肥溜め

キンプリちゃんprpr肥溜め

横山裕と渋谷すばると神宮寺勇太と岩橋玄樹と

わたしは横山裕渋谷すばるのコンビが好きだ。別にシンメトリーじゃない。同い年で、ほぼ同期で、仲の良いそんなふたり。

わたしがよこすば、通通称最後の砦が好きな理由。それは「二人ぼっち」な所。まるで無菌室のような空間で、2人だけの空気感で、周囲を寄せ付けない…そんな2人。心地よくて、緩やかで、でも危うくて、切なくて愛しくて。そんな2人。最近はお仕事が安定しているからか、そんな感じも薄くなってるけどね。

そんなふたり。どこか共依存のようなそんな関係。渋谷すばるは誰かに依存しなければいられない。対する横山裕は誰かに依存され必要とされることに依存している。

昔は反りの合わなかったふたりがどこがでなにかのタイミングでカチッとはまってしまったのか。どこか危なげな関係が今も続いている。でも、最近思うのです。横山さん、すばるくんはあなたが思うより強い人だと。

さて、じぐいわはどうだろう。
かつて岩橋君はこんなことを言ったそうです。
「神宮寺が先に行っちゃって側にいなくなったら俺はやめるしかない」

「ひとりじゃ生きていけない」

重い。
ネガティブいわち。
依存。

でも一方通行じゃない。神宮寺くんは神宮寺くんで岩橋君のことを常に目にかけ心配している。まるでお姫さん、お嬢さんのような扱いで。決して彼を一人にしないような振る舞いで。包み込む。
2人はシンメ解体するかも、というとき直談判したそうですね。それだけふたりでやっていく、そんな気持ちが強かったのでしょう。

でも、岩橋君は強いよ。誰よりも強い。彼はひとりで、どこでだって生きていけるよ。一人でだって上に行こうとする気持ちも、力も持ってる。蹴落としてでも行ってやるって。というか、次にさらっと依存先というか、甘える先を変えられると思う。
岩橋君はこうも言っている。

「神宮寺がいないと、俺は人見知りだから一人ぼっちになる。だけど、そうなったらそうなったでひとりでも強く生きていくから心配しないでね。」

実際彼の風貌、キャラは周囲の人々が彼を見捨てないよう仕向ける何かがある。多分、彼は一人にならない。

だから、神宮寺くんの依存の方が強いかもしれないね。横山裕のように。
ただ、神宮寺くんの方が横山さんより救いがあると思ってる。それはじぐいわの方はシンメトリーとして確固たるものを築いているのもあるし、岩橋君がなんだかんだ欲してくれると思うから。…まぁいろいろある。

いま、神宮寺くん不安だと思うのですよ。
いやなんとなくだけど、今後について不安あるんじゃないかな?なんとなくだけど、ね。

シンメトリーにも色々あると思うんですよ。
背中合わせでたまーにカチッとあうところとか…キンキとかね。
常に一緒にいられるところとか…にのあいとか?
まぁ背中合わせ、向かい合わせ、手繋ぎ…色々あるんだけどさ、みんないいのよ。みんな違ってみんないい。

てもいいことばかりじゃないのよ。
悪い時は悪い方向にガーッと流れてしまうから。1人がもうひとりを道連れにしてしまう、時もある。どちらかが道を正せるならばいいのだけど、それが出来ないかもしれないから。本当の共依存になってしまうと。それだけは注意して欲しいの。頭のいい彼らだから大丈夫だと思うのだけど。ババアは少しばかり心配です。

こんな、はまりたての私ですから、まぁこれからの彼らを見守るしかないのです。
ただただ、楽しそうに笑い合う彼らを。追いかけて行きたい。